39 Design
メニュー

39Player

39デザインマットレスとピローを使用している
プロスポーツ選手に
「睡眠」をテーマにインタビュー。
睡眠の大切さ、寝具が身体に与える影響、
ケアの仕方などを語ってもらいました。
前反祐一郎
MAESORI YUICHIROU
競輪選手/広島 | 日本競輪学校第81期生

大学在学中に出場した国体で優勝し、翌年競輪学校入校。1998年のデビュー戦で初勝利を挙げた。広島競輪場での練習時はチームのまとめ役。S級2班(2018年6月現在)。

01

竹内翼
TAKEUCHI TSUBASA
競輪選手/広島 | 日本競輪学校第109期生

サッカー選手(ファジアーノ岡山FC)を経て競輪学校入校、2016年デビュー。広島支部のエースとして期待されている。師匠は吉本哲郎選手。S級2班(2018年6月現在)。

02

吉本哲郎
YOSHIMOTO TETSUROU
競輪選手/広島 | 日本競輪学校第84期生

1999年競輪学校入校、2000年デビュー。弟子には竹内翼選手や女子選手がおり、高校生にも指導している。S級2班(2018年6月現在)。

03

SleepSleep

1Day Schedule1Day Schedule
Interview

お尻の大きな競輪選手に合う寝具が見つかったお尻の大きな競輪選手に合う寝具が見つかった

吉本
競輪選手は全国にある競輪場で開催されるレースに出場するので、月の半分は競輪場のそばにある宿舎で寝ています。宿舎には布団とマットレスと枕がありますが、寝具を持ち込む選手もいます。他の選手がどんな寝具を使っているかいつも気になっていたし、いろんなマットレスがあるので何にしようか悩んでいました。
前反
自分の枕じゃないと眠れないと言う選手は多いですね。
吉本
ある時、兵庫の選手に39デザインマットレスを紹介されて使ってみたら、寝つきも寝起きも良くなって、すぐソリさん(前反選手)と翼(竹内選手)にすすめました。
前反
僕は睡眠環境や寝具に気をつかっているのでベッドと枕を購入するときはお店の人に相談しました。今、家ではベッドの上に39デザインマットレスを敷いています。柔らかいのが好みだけど、柔らかすぎるのも困る。でも39デザインはちょうどいいし、寝心地がいいですね。
吉本
寝相が良くなったし、寝姿勢が安定しました。特にレース期間中は眠りにつくまでゴソゴソ動いたり、掛け布団をだっこしたり、夜中にトイレで目が覚めたり……。ポジションが決まるまで落ち着かなかったんですが、本当に寝つきが良くなりました。
竹内
そう言えば、このマットレスにしてから仰向けで眠れるようになりました。以前はうつ伏せで寝ていたんですが自然と仰向けになり、朝もすっきり目が覚めます。
前反
昔はうつ伏せで、しかも匍匐前進のような格好(腕や足を曲げて)で寝てましたね。
吉本
選手はお尻が大きいので仰向けで寝ると腰とお尻が沈みすぎて、腰が痛くなる。身体が「くの字型」に反ってしまうから、腰を浮かすものを添えたり、足枕を使ったり。だけど、39デザインマットレスは程よく身体にフィットして、沈み込むというよりやさしく支えられている感じ。これってなんだろう?
竹内
お尻が重たいから、低反発だと沈み込んだまま固定されてしまうんですよね。
前反
高反発は硬い。かといって柔らかいのは不安だったけれど、横になったら全身とマットレスが接地しているのがわかった。それが「人肌感触」なんだと思いました。
吉本
今まで体験したことのない感触なんだけど、特に冬はいいと思う。あったかさを感じる。あ、だから「人肌感触」なんだ! 人肌の温かさ。やさしく支えられている感じがするのも「人肌感触」だからかな。
竹内
確かに! 身体にフィットしますね。
吉本
以前、宿舎の布団にマットレスを敷いて、その上に39デザインマットレスを敷いて寝たんです。そうしたら身体が沈みすぎたので途中で起きて宿舎のマットレスを抜きました(笑)。やはり、布団かベッドの上に39デザインマットレスだけを敷くのがベストですね。
竹内
みなさん、いろいろ気を使っているんですね。明日のレースのことを考えてなかなか眠   れない人もいますが、僕はどこでもすぐ眠れるんです(笑)。

首をケガする選手が多いから、枕選びは慎重になる首をケガする選手が多いから、枕選びは慎重になる

前反
じつは39デザインの枕をまだ使ってないんです。落車した影響で首があまりよくないので慎重になってしまいます。宿舎の枕は殿様が使うような硬いものなので(笑)、高反発の枕を持ち込んでいます。宿舎も家と同じような環境で寝たいですから。
吉本
僕も首を骨折したことがあるので枕選びは特に気を使いますが、39デザインピローは違和感なし! ソリさん、おすすめです!
前反
大きな大会が終わってから試してみよう! ケガをしてから寝具を意識するようになりましたね。高反発の枕は冬になるとカチカチになって反発しないので、テレビを見ながら身体で温めてから使っています。
竹内
僕が仰向けで眠れるようになったのは、ウェイブタイプの枕にしたことも関係しているかも。首の隙間にフィットするから安定感があるんでしょうね。

70kmのスピードで走る競輪の魅力70kmのスピードで走る競輪の魅力

竹内
自転車は誰でも乗れるし力には自信があったのですが、実際乗ってみると前に進まない。レーサー(競技用の自転車)はコツをつかんでからでないと、本来のパワーを生かすことができません。
吉本
競輪は時速60kmから70kmのスピードで順位を争います。
前反
バンク(競争路)は傾斜のあるところは30~50度あり、競輪場にもよりますが一周400mのバンクの場合5週走ります。残り一周半か一周になるとジャン(鐘)が鳴り、そこから一着をめざして勝負をかけます。
吉本
車やバイクと同じくらいの速さだから、特にゴール前のスピード感が見どころですね。スピードに乗っている時は「勝てる」という自信がわき上がります。
竹内
駆け引きのある厳しい世界ですし、落車しないかドキドキしますよ。
吉本
1回の開催で3~4日間レースがあり、連続で走ります。年間80レースくらい走り、その結果でグレード(格付け)が決まります。競輪は賭け事なので八百長防止のため、宿舎に入ったら外出も電話も禁止です。
前反
予想するのは難しいけれど、そのぶん楽しいと思います。観客の声援が後押しになります。カープが地元で強いのと同じで、ファンが多いと気合が入りますね。
竹内
広島だと野次もよく聞こえるんですよ。この間、「竹内さ~ん、安佐南区から来ましたよ~」って地元の人からの声援がありました(笑)。レース後は肉体より精神的な疲労が大きい。気が張っていた反動もあり、だるくなりますね。
前反
レース後は一日中ベッドで横になり、ダメ人間になります。ゴロゴロしてぼーっとするのがリラックス法です。いくらマッサージをしても寝ないと体力は回復しないので、「食べて寝る」が大切。だから睡眠環境や寝具が重要になるんです。
吉本
トレーニング法や食事法と同じように結果を出すためなら何でも試したいし、情報はチェックします。僕が宿舎に持ち込む39デザインのマットレスとピローを見た選手が「何これ?」と聞いてくるんです。みんな寝具に興味津々なので。だから、パンフレットを配ってさり気なく宣伝してます(笑)。

取材協力
広島競輪
http://hiroshima-keirin.com
広島市南区宇品海岸にある競輪場。毎年12月に開催される記念競輪 (GⅢ) 「ひろしまピースカップ」ではS級の選手が出場するため、広島競輪のメインイベントになっている。
○広島電鉄宇品線海岸通停留場下車、徒歩2分
○記念競輪開催時などは広島駅より無料送迎バスあり

他の記事を見る

ダンサー 広島/広兼 正

01・02・03
競輪選手/広島
前反祐一郎・竹内翼・吉本哲郎
お尻と太ももの筋肉が発達しているうえ、月の半分は宿舎で眠る競輪選手だからこそ、寝具選びは重要。そんな選手たちが宿舎に39デザインを持ち込む理由とは。