39 Design
メニュー

39 WAKE UP

39通りの生き方、自然体の輝く顔がある。

プロゴルファー 大阪/三浦 佳世子


ダンサー/広島市
広兼 正清(40)

ダンスと出会い、
人生に目覚める。
今後の大きな夢を
仲間と叶えていく。
06 39 Wake UP

HIPHOPダンスに出合い衝撃が走った。
日に日にのめり込んでいく自分がいた。

広兼正清がHIPHOPダンスと出合ったのは高校入学の1994年。インターネットの普及前で今のようにyou tubeやSNSで容易く情報が入手できなかった時代だ。高校生になったばかりの広兼は、その後の人生に影響する衝撃的なシーンを目の当たりにする。それは広島市の中心部にあるクラブでの一コマだ。

1994年、ダンサー、スケーターが流行。
有名なダンサー・ラバーバンドが来日。

当時はダンサー、スケーターが流行中。カルチャー的にもアメカジやHIPHOPが時代の先端でした。当時、世界中のダンサーを虜にしていた有名なダンサー・ラバーバンドが来日していて、広島の小さなクラブにも来たんです。そのダンスを生で見て衝撃が走りました。むちゃくちゃかっこ良くて、僕もダンスをしたいと思ったんです。それからはダンススクールに通い、レッスンがない日は平和記念公園で自主練に明け暮れました。友人に借りた海外のダンサーのビデオを擦切れるまで何度も見てひたすら踊っていました。高校卒業後は、母親の「好きなことを学んでほしい」という言葉に後押しされダンスの専門学校へ進学。HIPHOPだけでなく、タップ、バレエ、ジャズなど一通りのダンスを勉強しました。

本場のダンスを学ぶために、
単身LA、東京へ修行の旅へ。

専門学校時代は、バイトでお金を貯めてはダンスを学びにロサンゼルスや東京へ行っていました。広島のような地方と東京、海外では、レベルの差が歴然。当時は今のようにインターネットもほぼ普及していなかったし、スマホなんてない時代でしたから、その場へ行かないと知ることができないことがたくさんあったんです。本場のダンスを実際に体験したり目にしたりして覚えた感覚は今でも体が記憶しています。その街の雰囲気や空気感も含めて良い経験になりました。

好きなことが仕事になった時、
人生の見通しが立った気がした。

専門学校を卒業後は自動車メーカーの関連企業へ就職しました。サラリーマンになってからもダンスへの情熱は絶えず、勤めていた会社で昼休憩にダンス好きの同僚を集めて教えたり、仕事が終わるとフィットネスジムでレッスンを開催したりしていました。23歳になるころには50~60人の生徒がいて、ありがたいことにスタジオに入りきれない日もあるほどでした。24歳の時、サラリーマンを辞めてダンスを仕事にしようと決意。26歳の時にダンススクールを法人化。好きなことが仕事になり、ダンスと共に歩む人生がスタートしました。自分がダンスを仕事にできたのと同じように、夢を形にしたいと努力する若者や子どもたちを後押しする存在になりたいと考えるようになりました。

ダンスの魅力を
地方都市から発信。

ダンスの魅力は喋るのが苦手、文章が苦手な人でも自己表現できること。言語じゃない方法で人とコミュニケーションを取れる力があると思うんですよ、ダンスには。子どもたちの話でいうと、運動神経が良くなくても、勉強できなくても、ダンスができればクラスのヒーローになれる。という感じです。現在、広島県内100拠点以上で開講しています。学校帰りや仕事帰りなど、日常の延長線上でダンスに触れてほしくて、気軽に通えるように郊外の公民館や集会所で開講しています。また、2011年には障がいのある方を対象にしたダンスクラス「LOVE ART」を開講しました。多機能型事業所も設立し、就労の支援もしています。

これからはアーティストの
育成にも注力。

これからは、ダンサーだけではなくて、アーティストもここからデビューさせたいと思っています。僕らのような地方にいるダンサーが主役のような立場で活躍するのは難しいけど、うちからアーティストが出れば、ダンサーがアーティストと一緒のステージでパフォーマンスできる。今の目標は仲間たちと武道館のステージに立つこと。見ていただいく全員に喜んでもらえるような総合エンターテイメント集団として活動していきたいです。

他の記事を見る

柔道整復師 三重/大榎 良則

07 柔道整復師
三重/大榎 良則
「患者様の人生を診る」を合言葉に接骨院、医療、介護施設などを設立。さらに外傷施術の責務を果たせる柔道整復師を増やそうと「日本柔整外傷協会」も立ち上げ、後進を育てながら現場主義を貫く。

プロゴルファー 大阪/三浦 佳世子

05 プロゴルファー
大阪/三浦 佳世子
「20歳にして初めてゴルフを体験し、その楽しさに魅了された。プロゴルファーを目標にしてからわずか6年でプロテストに合格。その後、「教える」という天職に出合う。年齢、性別もバラバラな生徒たちが唯一共通していること、それは三浦の元でゴルフを心から楽しんでいるということだ。

MOBLEY WORKS代表 東京/鰤岡 力也

04 MOBLEY WORKS代表
東京/鰤岡 力也
自分にしかできない角度からアプローチする鰤岡力也の作品。独学で木工を学んだからこそできる自由な発想や技術から生まれるものづくりは、これまでも多くの人を魅了している。2015年に里山に転居し自身の人生も新たな一歩を踏み出した。

セレクトショップ代表 広島/菅 正道

03 セレクトショップ代表
広島/菅 正道
自分がかっこいいと思うもの、おもしろいものは何か。興味や衝動からはじまり、貪欲に知識を深め、人と会い、仕事にしていく菅正道。ファッションを通して「大人の文化」を広島から発信しようと、「1+1(ワンプラスワン)」イベントを手がける。

商業デザイナー 奈良/坂本 大祐

02 商業デザイナー
奈良/坂本 大祐
人口減少が加速する中山間地域に、移住先として注目されているのが奈良県東吉野村。仕掛人である坂本大祐はここで生き方を転換させ、走り出した。顔の見えるリアル、ものづくりのリアル、自然と暮らしのリアルが、彼を目覚めさせた。

写真家 東京/本城 直季

01 写真家
東京/本城 直季
本物か、作り物か? 疑問を持ちながら細部まで目を凝らして見てしまう、本城直季の作品。写真集の出版、木村伊兵衛写真賞受賞、個展、広告や雑誌での活躍など、写真家としてのステージを着実に上りつづけ、未知なる野望をつかみに行く。