注目の記事 PICK UP!

39デザインマットレス

たった一枚で、
安眠・快眠・熟睡が手に入る

 

誰もが知っている
心地良いやわらかさ、人肌感触

人肌のやわらかさを目指して開発。

母親に抱っこされた赤ちゃんは、気持ち良さそうにスヤスヤと眠る。それは、母親の心拍音やぬくもりで赤ちゃんが安心感を得るから。そんな親子の関係をヒントに、女性チームが中心となって素材を開発※。女性の二の腕や胸の感触・感度を確認しながら研究開発し、ついに人肌のような弾力と滑らかさのある素材を完成させました。
※素材はウレタンフォームの老舗メーカー(株)イノアック独自開発のもの。「今までにない、他のものとは違うマットレス素材を作りたい」と、約3年かけて素材を完成させました。

39デザインは新素材を「スキンタッチ」と命名。
人肌感触を実現!

身体を預ける面だからこそ、やわらかさにこだわった「人肌感触」。寝てみてわかる、身体にフィットする感触が入眠を促します。寝具に求められる通気性、体圧分散性なども兼ね備え、機能性にも優れた一枚はどこにもない。自信を持ってお届けします。

 

ベッドにも布団にも合う、
ベストな厚さの二重構造。

マットレスの上層と下層、それぞれに適した素材を組み合わせ、これまでにないベストな厚さに。お使いのベッドや布団の上に敷いてお眠りください。

●身体に加重がかかりにくい「耐圧分散性」を考慮
●体の重みを分散させる凹凸。点で支え、面で押さえる
●ずっと触っていたくなる「人肌感触」
●目を粗くして通気性アップ!
●安定性抜群のベース。底付きを感じさせない

 


自然な寝姿勢とは?

人は横たわるとおしりに一番加重がかかるので、平らな上に寝ると背骨が自然なS字になりません。立った状態と同じように自然なS字を描くのが、理想的な寝姿勢なのです。

一般的な敷布団・ベッドにかかる体重のバランス。寝姿勢曲線とは、身体の一部に負担をかけすぎない、自然でムリのない曲線のこと。

【検証】
敷布団のみと敷布団+39デザインマットレスで耐圧分散を測定(イノアック調べ)

板状の上で3分横になった後の耐圧分散を計測

【被験者…41歳 男性/身長:167cm/体重:58kg】

【結果】
横たわるとおしりに44%、背中に33%もかかる体重が、39デザインマットレスを敷くことで大幅に軽減!寝ている間にかかる身体への負担が少なくなり、腰の痛みや肩こりに悩む方にもおすすめ!

 

あれこれ迷う必要なし!
使う人を選ばないマットレス。

マットレスを選ぶ基準にあげられる「高反発」や「低反発」。特別な人だけが手にするものではなく、マットレスの購入を迷っている方に基準にしてほしいのが、自分の感覚。“触った感じが好きか、嫌いか? “身体に合うか、合わないか?”。一日の1/3をマットレスに身を預けて眠るからこそ、自分の感覚を信じてマットレスを選んでください。睡眠に関する悩みが増えてくる30〜40代だからこそ、このマットレスで深い眠り、爽快な目覚め、身体の軽さを、ぜひ体感してください。

素材メーカー開発者より

(株)イノアックコーポレーション 仲矢有希様 中尾浩様

マットレスには主に2タイプあります。ひとつは高反発といわれる、圧力が加わると反発しようとする力が強いため、荷重を加えた時に突き上げ感のあるもの。もうひとつは低反発といわれる、衝撃を吸収するためまとわりつくのが特徴のものがあります。
しかし、そのような機能的な話をしても私の家族を含め、なかなかピンと来る人はいませんでした。一般の方に質の良い睡眠を提供したいと考え、素材の開発を始めました。高反発や低反発といった難しい機能よりも気持ち良さをとことん追求。3年がかりで「人肌感触」の素材を完成させました。

使い方はカンタン。ベッドや敷布団の上に載せるだけ!

 

ベットの上に重ねる

敷布団の上に重ねる

マットレスについて

初めて選ぶマットレス。手に入れやすい価格で、上質な眠りを一日も早くあなたに!

1人でも家族にも、選べる4タイプ。

サイズ(厚さ×幅×高さ)重さ定価(税込)
シングル5.5×97×200cm約5kg¥35,200
セミダブル5.5×120×200cm約7kg¥40,700
ダブル5.5×140×200cm約8kg¥46,200
クイーン5.5×160×200cm約10kg¥51,700

●サイズはおよその測定です。製品には個体差があります。製品によって表記のサイズよりも数%の誤差が生じる場合があります。ご了承ください。

こちらからご購入できます。

ご使用の注意

●マットレスの匂いが気になる場合、風通しの良い場所で陰干ししてください。新品のウレタン素材の匂いが感じられる場合がありますが、人体に影響はありません。風通しの良い場所で陰干しをすると、匂いが気にならなくなります。

●濡れた髪で横たわったり、液体をこぼすなどしてマットレスが湿ってしまうと、カビが生じる場合があります。・本体は洗えません。カバーを取り外すこともできません。湿りが気になる場合は、風通しの良い場所に置き、陰干しが原則。・防災加工は施していません。火気に近づけないでください。

PAGE TOP